1. HOME
  2. ブログ
  3. 地方企業は入札システムの活用で成長

地方企業は入札システムの活用で成長

コロナ禍になり、地方の疲弊は著しいと言われています。
移動がままならない状況下の中、地方企業がどのようにして販路を拡大するかは大きな課題になってきます。
言うまでもありませんが、オンラインでの受注拡大、インサイドセールスは不可欠な手段ですが、
もうひとつに「入札」を活用するという手段もあります。
具体的には、国や自治体の仕事を請け負う入札市場をうまく活用するということです。
景気対策の一環で急に予算が増えるということも多々有り、定期的に入札サイトを閲覧することは必須であると思います。

▼関連記事
https://logmi.jp/business/articles/323249

上の記事の中でも紹介されていますが、まずはNJSSなどのサイトに入って自社の事業領域を検索してみてください。
https://www.njss.info/
例えば「印刷」と検索するとおおよそ25万件が抽出され、受付中が6万件にも及びます。
この6万件の内、更に自社が得意とする分野で絞り込み、日々数件に対して入札に参加していくと
必ずや受注になっていきます。
参加者の8割が何らかの受注になると言われていますが、日々入札に参加をしている企業は
ほぼ受注につながっているようです。
是非とも一度トライをしてみては如何でしょうか。

関連記事