1. HOME
  2. ブログ
  3. なぜネットで買うのか!

なぜネットで買うのか!

2018年のEC市場は18兆円を超え、その成長は留まるところを知りません。
リアル店舗の売上をどんどん落とす小売業において、これからは更にその必要性が求められてきています。
では、人はなぜネットで商品を買うのか?その心理をシンプルに考えてみたいと思います。

まずは近くのリアル店舗に商品が無いという理由が上げられます。すべての商材を在庫することは不可能であり、
商品が無いという事実に対してはネットは大変便利です。
次に価格が安いという理由。店頭ではどうしても店舗管理費がかかりますので、
やはりネットが安価になるのは当たり前ですね。
続いて、行く時間がない、お店が空いている時間にいけない、という物理的な問題があります。
また、持って帰るのが大変だという運搬の問題も大きな購入動機になっているかと思います。
そして最後に、ポイントがたまっているから継続的に購入するという思考も
大きく影響しているのではないでしょうか。
ネットで買う理由は、
1.品揃え(無いものを探す)。
2.安価。
3.いつでも買える。
4.運ばなくて良い。
5.ポイントによるメリット。
こう当たり前のことを改めて書き出してみると、本当にリアル店舗は相当なメリットを提示しないと
更に厳しくなってくると思います。

ではリアル店舗ならではのメリット、本来すべきことは何なのでしょうか。
それは、体験と商品の解説にあると思います。
別な言葉で言い換えればつまり「接客力」だと思います。
大手家電店やホームセンターに行って皆さんも必ず体感されていることですが、
聞きたい時にスタッフがいない、 待たされた挙げ句に「商品はありません」の一言。
それではお客様は来る意味がないはずです。
リアル店舗ではコスト削減のために接客を極力避ける傾向にありますが、幾らでも対策は検討できるはずです。

例えば聞かれることはある程度想定できるはずですので、「係員がいない場合は、こちらの動画を見てください」
とモニターを設置する。
自宅からでもチャットで問合せができるサービスを行う。
商品の体感体験は予約をしてもらい、その際にはスタッフが必ず近くにいるなど、
まだまだ工夫は幾らでもできるはずです。

如何でしょうか、まだまだ工夫はできると思います。
まだまだ小売店は、一番大切なことに集中し取り組めばネットに追いやられることのない市場を
獲得できるのではないでしょうか。

関連記事