1. HOME
  2. ブログ
  3. 小売業において「ECに注力しない」は言えない時代に

小売業において「ECに注力しない」は言えない時代に

コロナ禍により、もっともプラスの影響が出たものとして
ZOOMなどのオンラインコンタクトツールが上げられます。
またオンラインによる商品の購入においても、
4月のECの売上は軒並み前年比150%程度の伸び率を示しています。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00086/00120/

ここまで来ると、リアル店舗を中心としてきた会社にとっては、
もうECに注力しないとは絶対に言えない状況となってきています。
しかしながら以下のサイトでも紹介がありますが、他社と何ら差別化の無いサイトでは、
当然目の肥えてきた消費者に
賛同を得ることはかなり厳しくなってきています。
https://netshop.impress.co.jp/node/7812

ではこれからのECサイトに求められるものは何かということですが、
私は以下の5つのポイントではないかと感じています。
1,売り方に工夫をしている会社
例えば、バルク商品(まとめ買い)だけに特化しているとか、
特定地域だけの商品に絞り込んでいるとか工夫が不可欠です。
2,返品は自由としている会社
これは有名な話ですがアメリカではザッポス、日本ではロコンドのように靴を大量に選んでもらい発送、
足にあったものだけ買ってもらうなどのサービスです。
3,接客がオンラインで対応している会社
ZOOMなどを活用し非接触で商品の紹介をしている会社で、これから相当増えると思われます。
4,キャンペーンを展開している会社
楽天スーパーセールのようなネット上のキャンペーンをうまく展開していかねば
消費者からのアテンションは得られません。
5,オムニチャネル化ができている会社
店舗の在庫とネット在庫が連動していることから、希少性の高い在庫数の少ない商品が販売できる状態です。

以上ですが間違いないのは、必ず今後もEC化率は急激に高まることです。
是非とも参考にして頂ければ幸です。

関連記事