1. HOME
  2. ブログ
  3. 加速度的に進む無人化の流れ

加速度的に進む無人化の流れ

昨年から急激に、コンビニをはじめとした「無人化」が実験的に開始されました。
この背景には、人材採用が困難な状況が続いていることや、キャッシュレスが広がってきたことが
後押しをしています。
https://jidounten-lab.com/u_mujin-convini
当然店内には、商品購入を検知するカメラや決済のためのシステムなど、かなりの投資が必要になります。
そのため企業には結構な負担となっており、一度にすべての店舗で無人化になるわけではありませんが、
この流れは更に大きな社会変化をもたらすと思います。

さて、ここで考えなければならないこととして、「無人化」は人の作業を機械に置き換えるものですから、
当然人間の作業の「再配分」が始まります。
再配分とは、人間の思考にアップグレードが求められるということです。
世の単純労働が機械に置き換わることで、人には高度知識労働もしくは機械に置き換えられない
高度技術労働が求められてきます。
そのため、これから人にはそれぞれ、より深い知識や専門的なスキルが必要となってくるはずです。

40年で4000万人の労働人口が減少すると言われる社会の中、無人化は絶対に乗り越えねばならない
社会的な課題であることは言うまでもありません。
また無人化においては、何十年も先の話ではなくここ数年の近未来に起こることです。
私たちはこの時点で、本当にどのような仕事が残るのか、どのような見識を身につけるべきか、
考える必要が出てきたのではないでしょうか。

関連記事