1. HOME
  2. ブログ
  3. ビンテージとサブスクの新たな市場

ビンテージとサブスクの新たな市場

何度かこれまでもサブスクビジネスについて記事を書かせていただいておりますが、
また新たなサブスクビジネスが始まったので、今回もサブスクをテーマに書かせていただきます。

もうこれ以上はなかなか思いつかないのでは?と感じてしまうほど多様化しているサブスクですが、
また新手のジャンルとして「UDS」社が、この度ビンテージの家具や日用品をサブスクリプション型で
提供するサービス「(tefu)vintage-supplies」を開始しました。
https://vs.te-fu.jp/
https://tabi-labo.com/299825/wt-tefu-vintage-supplies

このビジネスモデルが秀逸なのは、
1.中古でも価値がある商材に特化。2.買取も同時に行うリセール型もミクスしている点。
最後に、リアル店舗も同時にオープンさせている点が挙げられます。

ブランド品のバッグなどで使用していないものに着目した「ラクサス」などとは異なり、
ビンテージが価値を生むものに特化していることは、古ければそれだけ価値が上がるので
商材劣化がないと言えます。
また買取も行えば、ラクサスなどのような預かる方法では無いので最終転売も可能となります。
最後のリアル店舗併設は、オンラインでは十分に解説のできない、
また詳しく聞きたいという客層をフォローできます。

当然全体のコストとのバランスが重要ですが、この3つの視点をうまく絡めていくことで、
まだまだサブスクの市場は開拓できるのではないでしょうか。

関連記事